債務整理を行う手順

債務整理についてその内容を詳しく掲載しているサイトです



債務整理の種類

債務整理にはいくつか種類があります。任意整理、自己破産、個人再生です。任意整理を行う上で、上限利息よりも高い利息による返済をしていた場合、過払い金請求ができます。任意整理というのは、債務整理をしたい消費者金融等に交渉を行い、将来の利息などをカットし、元金だけの返済で済むようになど負担の少ない返済に持っていく方法です。任意整理を弁護士などに依頼すれば、督促をすることができなくなるため、即座に督促がストップします。個人信用情報機関には5年、事故として記載され、借り入れ、クレジットカードを作るなどができなくなります。職業制限などはありません。

自己破産は、免責が通れば、借金が免除され返済義務がなくなります。誰でも手続きが可能ですが、住宅や車など原則20万円以上の財産については処分対象となります。一部職業制限があり、官報に記載されますが、一般の方が見ることはありません。個人信用情報機関には10年記載され、クレジットなどを組めなくなります。債務の理由によっては自己破産できない場合があります。

個人再生は住宅ローンがある方が、住宅を手放すことなく債務整理する方法です。債務が大幅に減額され、自己破産の様に資格制限や職業制限がありません。ギャンブルなどの債務理由でも個人再生を行うことができます。個人再生情報機関に10年記載され、クレジットなどを組むことができません。個人再生は債務整理の中でも最も複雑なので、弁護士などに依頼することになりますが、時間、費用、また手間もとてもかかる方法です。また、任意整理の場合、消費者金融業者を選び整理することができますが、個人再生の場合、選ぶことができず、全額が対象となります。

債務整理ってなに?

総量規制という言葉がニュースなどでも常に飛び交っている時期がありました。この総量規制というのは、消費者金融などから借り入れを行う人が多くなり、自己破産などの債務整理が多くなったことで、債務できる金額を年収の1/3と定めたものです。昔はサラ金、サラリーローンなどといいましたが、今はカードローなどと言い換えられ、多くの人が気軽に契約し、借金できる仕組みがあります。以前は総量規制もなかったため、審査さえ通過すれば、いくらでも借りられる状態でした。しかし借金がかさみ返済ができなくなり延滞、督促が来るようになりあっという間に多重債務者となってしまうことから、政府がこうした状況を打開するために総量規制という法律を設定しました。

借金がかさみ、多数の借入先があり、返済できず督促がきている状態、さらに総量規制があるため、今まで借り入れで来ていたカードローンも限度額が下がり借り入れできなくなり、とうとう、債務整理をせざるを得なくなったという方が大勢います。債務整理とは、自己破産や任意整理などを行うことを言います。任意整理や自己破産、個人再生など債務整理を行うと、個人信用商法機関にトラブル情報として掲載され、クレジットなどのローンを組むこと、またクレジットカードを作ることも5年から10年、できなくなります。

しかし債務整理を行うことで、督促に悩まされることも、次の返済をどうしようと悩むこともなくなります。借金のための借金を行うようになったら、すでに借金返済ができない状態です。債務整理を考えていく必要があります。当サイトでは債務整理についてその内容を詳しく掲載しているサイトです。債務に悩む方が解決できる道をこのサイトから知って頂けたら幸いです。