債務整理を行う手順

債務整理についてその内容を詳しく掲載しているサイトです



弁護士に頼むには

債務整理をしたい、弁護士や司法書士を依頼したい、と思っている方も多いのですが、ネックとなっているのが、弁護士や司法書士の報酬です。返済できない、という状態でお金がないのに弁護士や司法書士の報酬を払うなんて無理、と考えてしまうからです。債務整理を行う場合、依頼と同時にお金を払うという事が少なくなっています。以前は着任と同時にいくらか払う事が必要だったのですが、今は、消費者金融と債務整理に関して金額が和解できた後、報酬を支払うという事が多いです。

弁護士も司法書士も債務整理を行う多重債務者がお金に困っていることを知っています。報酬を支払いたくても現実に支払う事が無理だから、債務に関しても滞っているのです。そこを考慮し、最初の時点で報酬をもらうのではなく、債務整理をしている間は返済がストップしますので(返済総額が決まるまで、和解するまで)その間にお金をためてもらい、和解決定となってから報酬をもらうというところが多くなっています。債務整理はお金がかかると思っている方がいますが、最初はかからない、また支払いに関して柔軟な弁護士さんが多い、という事を理解し、今の苦しい生活を打開するためにも債務整理を本気で考えてみましょう。その上、無料相談が出来る弁護士もいますので、まずはそこから話を進めてみてはいかがでしょうか。

自分ひとりでできる?

債務整理は自分で出来るという話をインターネットでもよく見かけます。自己破産や個人再生は書類の作成が難しく複雑な問題も出てきます。任意整理の場合、整理を行う対象を選ぶことができますが、自己破産や個人再生の場合対象を選ぶことができないため、色々と難しい問題が出てきます。

任意整理は対象を選んで整理する事ができるので、自分で引き直し計算をして本来の返済元金をだし、消費者金融に連絡して任意整理を行いたいという事と告げ、直接交渉を行わなければなります。消費者金融によっては、個人からの任意整理は全く受け付けないという場合もありますし、なんだかんだと長引かせてくるので個人で行うのは面倒です。

法律の専門家が債務整理を行う場合、着任と共に消費者金融に連絡し債務整理について着任したことを告げます。すると、督促は即やみます。法律によって決められていることだからです。中には債務整理に応じず、裁判するという強気の態度に出てくる消費者金融もありますが、一般的に法律の専門家が介入したという事を知ると債務整理に応じます。債務整理は自分でもできますが、弁護士や司法書士と違い、相手にされず時間もかかる事が多いという事を理解しておきましょう。